水素のお話

アンド・ステディの水素は安全

アンド・ステディでは、水素に特化した専門メーカーであるMiZ社の信頼性の高い水素吸入機を使用しています。

体に直接取り込む水素だからこそ、信頼できる安全な水素吸入機を選ぶ必要があるでしょう。

このMiZ社は、水素では実に20年に渡る実績があり、ブームに乗って水素発生装置を作りはじめた新参の会社とはワケが違います。

徹底した濃度コントロール

水素ガスは、大気中において、おおよそ10%以上の濃度になると、酸素と激しく反応し、爆発の危険性があります。

ですから、水素の濃度は濃ければ濃いほどよいといったものではないのですね。

MiZ社の水素吸入機では、この安全性の確認されている水素濃度10%以下を厳密にコントロールします。

このコントロール力こそが、技術力。
水素濃度をこのようにコントロールできる水素吸入機は、日本国内では現在MiZ社製のものだけとなります。

原料は精製水のみ

水素は原料水の選択を間違うと、有毒ガスを発生する恐れがあります。

技術力のないメーカーの水素ガス吸入機ですと、原水に電解質を混ぜているところもありますから注意が必要です。

一方で、アンド・ステディが採用するMiZ社の水素吸入機は、原料は精製水のみ。

精製水以外で電解させない独自の安全装置も搭載しているため、安全に水素を発生させることができます。

その他様々な機能を搭載

アンド・ステディが採用する、MiZ社の水素吸入機の機能はこれだけではありません。

ほかにも、「希釈用空気不足」、「電解用水不足」など、様々な安全機能を搭載しています。

また、オゾン濃度は検出限界値以下のため、オゾンの危険性もありません。