水素のお話

水素はなぜ吸入がいいの?

水素の摂取において、「吸入」が選ばれる理由についてご紹介します。

圧倒的な効率が魅力

水素吸入機では、水素を鼻の粘膜から直接、体に取り込みます。

それによって、短時間により安全に、水素を摂取することができるのです。

水素水とは比にならない摂取力

では、この「吸入」による水素の摂取、水素水による水素の摂取と比べるとどうなのでしょうか?

数値で比較すると、その差は歴然です。

《室温25℃の場合》
●濃度1ppm水素水500mlの水素量:6ml
●アンド・ステディ60分の水素体内摂取量:2800ml

アンド・ステディの水素吸入機による60分間の水素摂取量は、1.0ppmの水素水500mlを約466.7本に相当するということ。

飲める水の量には限界がありますよね。

より効率的に水素を摂取しようとすれば、必然的に「吸入」という摂取方法を選択することになります。

水素サプリってどうなの?

残念なことに、水素サプリメントには「食品衛生法」に違反している商品が多数あります。

水素サプリメントにおいて、水素発生剤として使用される「金属マグネシウム」や「水素化化合物(水素化ホウ素ナトリウム・水素化マグネシウム等)」は、適法な食品添加物ではありませんので注意が必要です。

逆にこういった水素発生剤が使用されていないサプリメントというのは、そもそも水素が発生しませんので、食品衛生法には抵触しなくても、効果は期待できないと考えられます。