水素のお話

アンチエイジングに水素が注目される理由

アンド・ステディが、水素吸引をエイジングケアとしておすすめする理由をお話します。

体内の悪玉活性酸素を取り除く

人間は生きている限り、酸素を吸い続けます。
そして、酸素の原子構造上、必ず発生してしまうのが「活性酸素」なのです。

この「活性酸素」には、大きく分けて2つの種類があります。

そのひとつが体に必要な働きをする「善玉活性酸素」。
そしてもうひとつが、体を老化させたり、生活習慣病やがんなどの原因ともなる「悪玉活性酸素」です。

この「悪玉活性酸素」による体の中の錆び=「酸化」こそが、老化の原因と考えられているのです。

つまり、酸化から体を守る「抗酸化作用」により、老化を抑制することが大切。

「錆びない体づくり」が、エイジングケアのテーマとなるのは、こうした理由からです。

実は、この「抗酸化作用」、ビタミンCなどでも確認をされています。

ところが、残念なことに、ビタミンCには「善玉活性酸素」と「悪玉活性酸素」の区別がつかないのです。
必要な「善玉活性酸素」の働きも抑制してしまうことが、課題と言われています。

一方、水素はビタミンCと違って、「悪玉活性酸素」のみを選択的に除去することができます。

これこそ、水素がアンチエイジングとして注目される1番の理由なのです。

体の隅々まで行き渡る

元素記号H、そう、現在発見されている中で宇宙で最も小さい分子が「水素」です。

その小ささゆえに、水素の分子は、体の隅々までまんべんなく行き渡り、「抗酸化作用」を発揮することができます。
異物の侵入に対するブロック機能を持ち、届けるのが難しいとされる脳や子宮にも、水素はしっかりと入り込めます。

一方、ビタミンCは大きな分子。
それ自体に「抗酸化作用」があっても、体の隅々まではその作用は行き届かないのです。

摂取しすぎても無害である

水素が使われない場合、体内に溜まることはありません。

そのため、たくさん取っても取りすぎということはなく、害がないと言われています。

医学応用の論文も多数

医学界でも大注目の水素は、医学応用の学術論文も多数報告されています。

例)メタボリックシンドローム、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、認知症、パーキンソン病、筋疲労、骨疾患、抗アレルギー、高血圧 など